ブログトップ

「朝仁青年団」のつどい。

asani.exblog.jp

カテゴリ:朝仁遺産( 8 )

戦前の朝仁

だいぶ遅くなりましたが,とあるシンポジウムで戦前の朝仁の地図をいただきました。
d0132215_17224916.jpg

撮影日:昭和20年7月21日。
米国国立公文書館所蔵

畳1枚の2/3に相当する大きな写真を朝仁に持ち帰ると,それを見た人たちは興味しんしんでした!
d0132215_1725223.jpg

戦前の朝仁の姿が垣間見える貴重な資料です。
近く,大きな額を作って朝仁児童館に展示する予定ですので,興味がある方は見てください!!

写真をいただく段取りをしていただいたショウヘイ兄!ありがっさまりょうたm(_ _)m
[PR]
by ktokuyam1 | 2009-09-18 17:28 | 朝仁遺産

幟(のぼり)

どぉかどぉか。

町内会行事や青年団行事を行う際,名前を全面的に押し出すことはたいへん意義のあることです。

実際,所有しているテントや舟はもちろん,食器類から鍋,きわめつけは“まわし”まで「朝仁町内会」「朝仁青年団」の文字が躍っています。

そんな自己(地域)主張するものの中で最も大切なのが「幟(のぼり)」です。
朝仁町内の人たちにとって,幟はアイデンティティを表現する最高のツールです。

そんな幟が,忘れもしない昨年8月奄美まつりの八月踊り終了後,どこかに行ったか分からなくなってしまいました。

片付けた人も半ば酔っていたのでしょう。
いや,誰が片付けたにしろ,同じ結果になっていたはずです。
誰も責められません。

一人一人が記憶をたどってもいっこうに出てこず,誰かが間違ってゴミに捨てたということでみんな納得しました。

(幟のない)寂しい豊年祭・運動会などなどでした。。。




年が明け,誰もが幟のことなどすっかり忘れていた先日,ついにシロアリ駆除の作業のときに発見されました。

なんでも,「いつも戸締りがしっかりしている児童館の中でも,常に鍵を掛けている放送室の中にある鍵付きの戸棚の,更にクリアケースの中にしっかり保管されていた」そうです。

朝仁のシンボル「幟」を,丁重に厳重に保管してくれたことに,お礼の気持ちは湧き出てきても,文句など出てくるはずもありません。
d0132215_18332255.jpg

だから,ぜひ名乗り出てください。

ちなみに写真右の緑の幟は先輩の話によると,作って45年以上たつ代物だそうです。
K兄は「本当にうれしいどぉ~。」とほんとに嬉しがっていました。
[PR]
by ktokuyam1 | 2009-01-19 18:41 | 朝仁遺産

くゎちうじでら

朝仁には色々な知られざる場所があります。

朝仁の西端は「天川(あまんぎょ)」と呼ばれ,その背後には天川嶺(うすじ),通称「マンガン山」(→その昔,マンガン鉱石が採掘されていた。)がそびえています。

その「うすじ」には,名瀬市誌第3巻民俗編P238によると,弁財天が存在するそうです。
なんでも,小宿中学校の山上にあったこの弁才天像を,小宿の児玉活円という人が現在の場所に移して拝んだということです。

このことから,この弁才天を祀っているその場所を朝仁の人は「くゎちうじ(=活おじ)でら」と言っているのだとか。

ということで,見ずにはおれないということで,山に登りました!
d0132215_1753328.jpg

探索隊↑:カツユキ,ヤスユキ,カズユキ,カズヒト(2009/1/11 am10:00)
やたらと「~ユキ」が多い探索隊

d0132215_17435348.jpg

d0132215_1744425.jpg

その昔,ここで雨乞いをすると,たちどころに雨が降ったという逸話もあります。
なぜここに移設したかなど色々な詳しいことについては今後調査していきます!

もし,詳しい人がいたら教えてください。
[PR]
by ktokuyam1 | 2009-01-13 17:50 | 朝仁遺産

島好き好き

どぉかどぉか。

今年の目標に掲げていた「島唄」。
現在,勉強中でございます。

1人で車の中で唄っているのが,成果が出始めて声ぬいじりゅんにしなてぃっちゃんちょ。
三味線まで弾けるようにがんばります。



段ボールに詰めた本をあさっていたら,こんな本が出てきました。
d0132215_12225526.jpg

作者の故・椿吉盛氏は,島唄の「ばしゃ山節」の作詞者でもあります。
ワンはなぁんか同じ路線を歩んでるような感じがします。

この本はワンにとって,とにかくおもしろい!!
またまた,勉強中でございます。
[PR]
by ktokuyam1 | 2008-03-29 12:24 | 朝仁遺産

朝仁の生垣群

どぉかどぉか。

日常,あさんちゅが目にする風景↓↓
d0132215_17393786.jpg

d0132215_17391434.jpg

d0132215_1740152.jpg

d0132215_17395071.jpg

d0132215_17392781.jpg

この生垣(いけがき)の風景は,島でも見れるところは少ないとか。
先日,奄美在住の内地の人に写真を見せたら,「こんな近くにいいとこがあるんだぁ。」と吃驚してました。

今,奄美市では地域ブランドが流行りです。
「朝仁ブランド」になりますかね~!?

みなさんは,どう思います???
[PR]
by ktokuyam1 | 2008-03-01 17:51 | 朝仁遺産

「あさん」歩き~滝編~

どぉかどぉか。

さっきまで朝仁の山の中にいました。
なんでかっちゅうと,その山には「くゎちうじでら」という弁財天と,「朝仁の滝」があるんです。

「くゎちうじでら」は,朝仁の人もここ20年(推定)ぐらい見たことがないんです。
ワンもその存在を知ったのが,名瀬市誌第三巻(民俗編)の写真↓です。
d0132215_1243456.jpg

今回も確認するにはあまりにも難所だったので,次の機会にでも実物を!

今日は「朝仁の滝」です!
この滝は朝仁の人以外,その存在を知ってる人がほとんどいないところです。
d0132215_12453578.jpg

朝仁の滝は三段構造になっていて,一番上のこの写真の場所をあさんちゅは「滝」と呼んでいます。
あさんちゅのオアシズ,もといオアシスです。

最深部約1.5m,広さおよそ10坪といったところでしょうか。
子どもの頃,泳いだり,タナガ獲ったりしたところです。

そして,ここが2.5m下の二段目です↓
d0132215_12494876.jpg

奥に見える水路を歩いて「滝」に向かって行くのが朝仁セオリーです。
この水路は,今50才代の先輩が子どもの頃には既にあったらしく,この先輩たちいわく,

「まだ,あん水路あんわけ?いっ!あれば渡たんちな!はっげー,うとぅるさ。あん水路や,いつ崩壊してもおかしくないど!」
っちゅうほどの代物です。

それから約5mぐらい水が落ちて川になり,この川はシマでは天川(アマンギョ)と呼ばれています。

「滝」は,むかぁぁぁしから使われているあさんちゅの命の水「イジュン」の水源です。
[PR]
by ktokuyam1 | 2008-02-16 13:22 | 朝仁遺産

プライベートビーチ

どぉかどぉか。

朝仁には,朝仁の人だけのプライベートビーチがあります!
「くぇまば」と呼ばれるその場所は,漢字で書くと「貝浜(けばま)」です。

ここで,2つの疑問。
1つ目は,島ユムタでは「貝=ニャ」じゃが,ぬが「貝=け」かい?

これはすぐに答えが判明!
「貝=け」の方程式は鹿児島弁の影響とか。

しかし,「くぇまば」なんです。
けっして「ま」と「ば」の順序を間違えたわけじゃありません。

小っちゃい頃は,「「くぇまば」っち言ってるどや。」と友達とクスクス笑っとった~。

前フリが長かったですが,これが「くぇまば」です!!!
d0132215_1745433.jpg


そして,行くにはこんな道を通ります↓↓
d0132215_17455929.jpg


毎年,朝仁青年団でキャンプを計画するんですが,いつも頓挫します。

「忙しいから。」とみんな言ってはいますが,おそらく,プライベートビーチがヌーディストビーチになるのを恐れてだとワンは理解してるんじゃが,真相はいかに。。。
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-12-05 18:03 | 朝仁遺産

見守られて。。。朝仁

どぉかどぉか。

「見守られて。。。朝仁」なんて,歌謡曲のようなお題をつけてしまいました。
さて,ふと周りの集落を見渡すと,ほとんど(?)といって言いほど神社があるんですよ。

なのに,なのに,朝仁にはないんですよ。
はて,どういうことか。

そこで,シマ(集落)の古老に聞いてみた!
わからなかったら,すぐ聞かんばね。

そしたら,
「う~ん。ヤーがゆんにしじゃやぁ。」「きゃっしゃん意味かいやぁ。」
(日本語訳)「う~ん。あんたの言うとおり。」「どうしてだろうね~。」

明快な回答は得られそうもないと諦めかけていると,
じゃんば,あればにしんに。“あさん”やカンマチギのあんかなん,神社はねんたんっち思ゆっと!」
(日本語訳)「でも,あれを見てごらん。朝仁には神松木(千年松)があるから神社はなかったんだろうと思うよ。」

なんと,ドラマチックな回答!
そりゃ,「見守られて。。。朝仁」っちゅうタイトルも付けたくなるわ!バカバカバカ。

これでまた,今日もおいしい酒が飲めそうです。

写真は,千年松のかっこいいフォルムです↓↓
d0132215_184968.jpg

d0132215_18541081.jpg


ちなみに,
朝仁では,「千年松」のことを「神松木(かんまちぎ)」と言います。(昔から。)
朝仁では,通常シマユムタで「だんば(けどぉ)」と言うところを「じゃんば」と言います。(昔から。)
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-11-14 18:55 | 朝仁遺産