ブログトップ

「朝仁青年団」のつどい。

asani.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「子犬」と「せーごれ」

朝仁青年団「夜ネヤ」出場決定!!
朝仁の八月踊りをぜひご覧ください!

さて,その八月踊りの練習を終えて,朝仁の居酒屋さんへGo!!
男3人だけの飲み方の中にカワユイおつまみが出てきました。
d0132215_17571835.jpg


生まれて間もない5匹の子犬たちは,まだ目も開かないほど。
写真のY兄は両手に載せたまま20分間この体勢でした。

「いやぁ~,癒されたねぇ。」と,この日3人で2時過ぎまで飲みました。
さらに僕は先輩の家に招かれて,飲みたいとも言ってないのにウィスキー(山崎)を頂きました。

で,先輩の家で見たくもないのに「怪傑!ライオン丸」を夜中の3時過ぎに見せられて,とうとう平日なのに朝帰りしました。
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-10-25 18:11 | 朝仁の人々

ゆらい酒

イー,ヨイヤー,サー!

なぁんにもなくなった完全OFFのこの時期。
浜に人が集まると,することといえばお酒をたしなむぐらいしかありません♪♪
d0132215_17393156.jpg
アダンとアダンの隙間をぬって,人の目を避けるように…。
でも,飲めば,声がだいばんなんじゃがね。


浜で飲むビールはとにかく上手い!
そこに,獲ってきたサザエを刺身でいただきまぁす。


日が暮れても,人の顔が見えなくなっても,家に帰りたくない症候群の私たちを,朝仁の浜はやさしく包んでくれました。
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-10-18 17:51 | 自然と遊ぶ

島にはいないはずの…

「今日はお疲れさまでした。…朝仁町内会の益々の発展を祈念して乾杯します。」
いつもの調子で反省会と称した飲み会の始まり。はじまり。

みんなで仲良く飲んでいると,「あいっ,舟はかっし漕がんば。(違う違う。舟はこう漕がないと。+身振り手振り)」,「あいっ。うがしし,出し投げ打たんばっ。(違う違う。そこで出し投げ(相撲の用語)打つんだよ。)」

内容は相撲から舟こぎ,多岐に渡れど,社交辞令のような「あいっ。あいっ。合戦」のスタートです。

そして,夜もふけてくると,いよいよ何かで勝負をつけないと気が済まない状態に。
勝負をつけようと構えをとったその体勢はこれです↓↓
d0132215_16444780.jpg

公民館での歩腹前進大会!
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-10-10 16:57 | 朝仁の人々

なんでこんなに??

朝仁は相撲処。
とにかく,「がたい」がいいのが多いこと。多いこと。

身長180cm以上が何人もいるし,体重100kg以上なんていくらでも。
また,小さい人は運動神経がいいんじゃがね!

これが,朝仁が「下方の相撲どころ」と言われる所以なのだ!
d0132215_14343199.jpg


朝仁の“だいばん(大きな人)”が別の島に転勤していったら,「はっげ~。奄美から横綱が来たが。」と言われたみたい。

異議なし。
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-10-08 14:38 | 朝仁の人々

海あしび

10月なのに海で遊びました。
3年ぶりに潜りました。

あさんちゅ(朝仁の人)はけっこう好きな人が多いんですよ!
ちょっと集まって飲めば、「でぃ、行こうでぃ!」
ちょっと暇があれば、「でぃ、行こうでぃ!」

っちゅうことで、行く前がこんな感じ↓↓↓

d0132215_17391327.jpg

その日は、けっこうな波があって大変でした。
ニャーひらい(貝拾い)した結果が、はいっ、こんな感じ↓↓↓

d0132215_1885948.jpg

何百年前のあさんちゅ(朝仁の人)も、同じことしてたみたいです。
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-10-02 18:10 | 自然と遊ぶ

はじめまして!朝仁から

どぉか、どぉぉぉか(いや~はじめまして。)
前から朝仁のHP(又はブログ)をしたいなぁ~と考えてたのが、ついに行動に結びつきました(涙)
最新の朝仁情報をupしていきますんで、是非いもりんしょりよ~♪♪

「始めるにあたって、写真がないな」と気がつき、カメラ片手に集落内をマヤマヤ。
「あ~っ、まずは豊おじのガジュマルじゃが」とパシリと撮影

d0132215_18132711.jpg

このガジュマル凄いんです。地上3mに葉で覆われた5人はゆっくり座れるだろう丸い部屋になっているんです。
写真撮らしてね!と言ったら、豊おじが上っていって、きれいに掃き掃除してくれました。
ありがっさまりょん。

ん~どぉも上手く写らんと手をこまねいていると、「たまにはウッチュ(年上)の相手でもしてごらん。」と、そのまま小一時間、80代1人、70代2人に囲まれてのお茶タイム。

結局、帰る頃には夕暮れて、収穫の写真もガジュマルが3枚だけ。
また、フラフラと(脱力感もプラス)集落を歩いて帰っていくのでした。
[PR]
by ktokuyam1 | 2007-10-01 18:15 | 朝仁シマ自慢